FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Awakening to darkness - 変心 -



「みんな、私よ、麻由美よ」
「何だよ。この『ウィルス』怯えてるぜ」
「鉄平、私、麻由美よ。『ウィルス』じゃない。わからないの」
「美幸さん、あたしに殺らせてよ。麻由美なんかよりあたしのほうが強いとこ、みんなに見せたげるよ」
「泉水ちゃん…どうして……」
「泉水、そんなことわかってたわよ。でも、麻由美がわがままで言うこと聞かなかったのよ。
 ホントにあの娘、邪魔だったの。居なくなって助かったわ。ニムダに感謝しなくちゃ」
「美幸…さん……そんな…」
「そういえば、あいつどうなったのかな」
「鉄…」
「ま、いっか。あいつがどうなろうと関係ないよな」
「…平…」
「そうですよ。あの人は僕達バスターズのお荷物だったんですよ」
「それは言えてるヨ」
「淳…珍味……あなたたちまで……どうして…」
「早いとこ、この麻由美に似た『ウィルス』、『駆除』しちゃおーよ。
 あたしさぁ、こいつ見てるとなんか、ムッカツクのよねぇ」
「うそよ……そんなこと………みんなが……みんなが…わたしを…」
「じゃぁいくよ~。『 Get rid of vermin 』スラッシュフォーメーション
 うざい麻由美は消えちゃえ~。えくすたーみねーしょーん」
「…やめて………やめてぇぇ」
「大丈夫よ『ミメイル』。私が『ミメイル』を守ってあげるから」
「…あ…あなたが…どうして……それに…わたし…麻由美よ…『ミメイル』じゃない」
「なに言ってるの。あなたは『ミメイル』。私の大切な『仲間』」
「わ、わたしが…『ミメイル』…あなたの…なかま………ちがう…そんなこと…ない…そんなこと…」
「違わないわ。いい加減に目を醒ましなさい」
「ち、ちがう……こんなの…ユメ…だよ………みんな…なかま……だよね………」

麻由美が『クレズウィルス』に感染させられて1週間。
その間、クレズは絶えず自身のウィルスを麻由美に与え続け、その度に訪れる絶頂感は
麻由美の意識にクレズの存在を深く刷り込んでいた。そして、仲間との絆を断ち切る為に見せられる『夢』。
それらは確実に麻由美を別のモノへと変えていた。


クレズが腰掛けるソファーの隣りで麻由美は目を覚ました。
「目が覚めた。『ミメイル』」
(うふふ、麻由美の瞳から『光』が消えてるわ………でも、
 どうして、この名前しか思い浮かばなかったのかしら…『ミメイル』)
「ク、クレズ…」(この人…敵…よね………わからない…でも…この人…)
麻由美は敵意と戸惑いの表情を見せる。
「私のこと…憶えてるの?」
(この娘…まだ完全にはウィルスに冒されていないようね。かなりの効果は表れている見たいだけど)
「あなたはクレズ…わたしの……敵…」
「…違うわ…私はあなたの敵じゃない。私のこと…何も憶えていないの?」
切ない表情で麻由美を見つめるクレズ。
(…敵…じゃないの………)麻由美から敵意が消え戸惑いだけが残る。
「……可愛そうな『ミメイル』…奴等に昔の記憶を消されてしまったのね」
「奴等?……昔の記憶?」
「そうよ。あなたは私に全てを捧げた『ウイルス』の戦士だったの」
「わたしが…『ウィルス』の戦士…」
麻由美の言葉にクレズは小さく頷くと話を続けた。
「あの日…私とあなたが初めてバスターズと遭遇したあの日。
 バスターズの圧倒的な力の前に、私たちは瞬く間に窮地に追い込まれた。
 そして、あなたは深手を負った私を助ける為に独りで……………でも、あなたは生きていた…
 いえ、生きているとは言えなかった。私の前に現れたのは『ミメイル』の姿をした心のない操り人形。
 あなたは下劣な人間共に偽りの記憶を植え付けられ、仲間の私たちを敵だと思い込まされていた。
 そんなあなたの姿を見ているのが辛かった…助け出したかった…もう一度…あなたを抱きしめたかった…」
困惑の表情を見せる麻由美をクレズは強く抱きしめた。
「ホントにわたし…『ウィルス』の戦士…だったの………ちがう…わたしはバスターズ…ホワイトバスター
 それに…『ミメイル』じゃない……わたしは…麻由美…白石麻由美よ…」
そう呟く麻由美の唇にクレズの唇が重なる。
「うっ…ん…ん…」クレズから逃れようと抵抗する麻由美に、
「…違う…あなたは『ウィルス』の戦士『ミメイル』……私の『ミメイル』なの…思い出して…」
再び、麻由美の唇に自分の唇を重ね、口移しに自身のウィルスを流し込んでゆく。
(なん…だろう……この懐かしい感じ…………気持ちイィ…この人は…)
麻由美の瞳が虚ろになり、今度は抵抗せずにクレズに抱きついて喉を上下させていた。
(そう。もっと私を受け入れなさい。そして、私のモノになりなさい)
「どう『ミメイル』、気持ちイイ?」
「は…い……とっても…気持ち…イ………い…いや…やめて……わたしは…麻由美…ホワイト…」
「まだそんなこと言って… あなたは『ミメイル』よ」
クレズが麻由美の秘所に手を遣り優しく撫でる。
(もう、濡らしちゃって…身体は『ウィルス』の快楽に素直に反応している。あとは……)
「あぁぁぁぁぁぁ…も…もっと……きもちぃ…いい…」
(ち…がう…わた…しは…ばすた…ず……わたしは……まゆみ…ほわ…いと…)
「『ミメイル』。もっとイイことしてほしいの?」
「…はぃ」(い…や…やめて……ばす…たーず……わたし…まゆ…み…)
「じゃあ、してあげる。でも、私にもイイことしてくれるわよね? どうすればいいか……わかるわよね」
(…わた…しは…ま…ゆ…………みめいる………ワタシハ…ミメイル…クレズ…サマニ………スル…)
「ハイ…」
麻由美は腰掛けているクレズの前で両手と両膝をつき、スーツで覆われたクレズの秘所に口づけをする。
その口づけを中心とした波紋がスーツに広がり、クレズの白い肌が次第に露わになってゆく。
そして、誘うように露わになったクレズの秘唇に、麻由美は優しく唇を重ね合わせた。
「あっ…いぃぃぃ…」
(新しい…記憶の…書き込み…は…順調に…いってるみたい……この娘…)
「あくぅ…うぅぅん…」
麻由美の愛撫にクレズの白い肌がピンク色に上気していた。
(この娘…うっく…イイ…こんなに…あぁぁ…感じて…いぃっく…)
クレズウィルスに冒された麻由美の愛撫はクレズの絶頂感を満たすまでに然程の時間を要さなかった。
(だ、だめ…もう…イッちゃう…なんで…こんなに…感じるの…この娘…イイ…わぁ……)
「ミ…メイル…ご褒美よ……さぁ…お上がり…なさ…イッ…くぅ…」
「ハイ…クレズ…サマ……オオセノ…ママニ…」
(うふ…クレズ様…ですって………こんなに…感じたの…はじめて…)
麻由美はクレズの秘所から溢れ出す妖しい輝きを放つモノを恍惚の表情で喉の奥に流し込んでいる。
クレズは絶頂感に満足げな表情を見せながら
「さぁ、『ミメイル』…次は、あなたよ」
麻由美をソファーに寝かせるとクレズは甘美な感覚の残る秘所に指を潜り込ませた。
(あぁぁぅぅん…また…イッちゃいそう…)
そして秘所から取り出された今までとは異なる輝きを放つ指を麻由美の秘所にゆっくりと沈めてゆく。
(これであなたは…完全に私のモノ…)
「『ミメイル』。ずっと、イイ気持ちのままで居たいでしょ」
「…ハ…イ……あぅん…もっと…」
「じゃあ、私の『従者』になってくれる?」
その言葉を訊いた麻由美の瞳に『闇』が宿り、麻由美の心を『闇』に染めてゆく。
「ジュウ…シャ……………クレズ…サマ…ジュウシャ…スベテ…ササゲル…
 ワタシハ…クレズ…サマノ…ジュウシャ…スベテヲ…ササゲル…ジュウシャ…
 ワタシハ…クレズサマノ…ジュウシャ…スベテヲササゲル…ジュウシャ…
 ワタシハクレズサマノジュウシャ…スベテヲササゲルジュウシャ…
 私はクレズ様の従者…すべてを捧げる従者…」
言葉を繰り返すうちに麻由美の瞳に宿った『闇』はその輝きを増していた。
「クレズ様……私のすべてをクレズ様に捧げます。だから…だから…あぅっ…イクぅぅぅ…クレズさまぁぁ」
未だかつてない強烈な絶頂感に、麻由美はクレズに抱きつき快感に浸りながら深い眠りに堕ちていった。
「おやみなさい。私の可愛い『ミメイル』。生まれ変わった、あなたに会うのが待ち遠しいわ」


クレズは自分に抱きついたまま眠る麻由美をソファーに寝かせてその異変に気が付いた。
麻由美の秘所から自分のモノとは異なる輝きを放つモノが溢れ出していることに。
「まさかこれは……でも間違いない。『トロイウィルス』とも、私のモノとも違う。これは一体…」
麻由美から溢れ出す輝きを見つめて思案していたクレズはある事を思い出していた。
(そう言えば、ワーム総帥との『儀式』で覚醒した『覚醒者』が自身のウィルスを使って従者を作り出す際
 稀に『覚醒者』と同等もしくは、それ以上の能力を持った『亜種』と呼ばれる特別な従者が生まれる事が
 あるって、ワーム総帥が…………まさか、この娘がその『亜種』………麻由美…あなた…)
麻由美の寝顔を見ているクレズの表情は喜びに満ち溢れていた。


スポンサーサイト
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ついに意識変化と刷り込みが終わっちゃいましたね。
信じていた仲間はもう憎むべき敵になっちゃったのかな?
続きが楽しみです。

麻由美が目覚めたとき
彼女がどうなっているのか私も楽しみです(笑
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。