FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また落書き



「今は堪えるしかない。 一時撤退するぞ」
先の戦いでメンバーの1人メタルピンクを失った装甲戦隊メタルギアは撤退を余儀なくされた。
「ハッハッハッ、メタルピンクを欠いたメタルギアなど、もはや我らの敵ではない。 これからは機械帝国メタリアンがこの星の支配者となるのだ!」
障害となるメタルギアを排除し、気を良くした機械帝国メタリアンは殺戮と破壊のかぎりを尽くしていた。
「ふ…ふざけないで…お前たち機械帝国に…好き勝手させるものですか…」
退却したメタルギアと入れ替わるようにして現れたメタルビークルの運転席から、体中に巻かれた包帯に血を滲ませている痛々しい姿をした女が銃口をメタリアンの怪人に向けた。
「何だオマエは。 我々メタリアンに逆らうつもりか!」
「私は…私はまだ戦えるのよ…  私は…メタル……なん…だから…」
「なんだと!!」
だが、女は持っていた銃を落とすと、そのままアスファルトの上に崩れ落ちてしまった。




「フフッ、あの爆発で生きていたとはな」
鋼鉄のベッドの上に寝かされている女を見下ろし、邪悪に微笑む機械帝国メタリアン皇帝メタリアン。
「私は…まだ…戦えます……戦わせて…ください……お願い…です…お願い…します……司令…」
左半身に負った火傷から血を流し、虚ろな瞳を彷徨わせて声を漏らす女。 メタリアン怪人の前で意識を失い倒れた女は機械帝国の要塞に運び込まれていた。
「私を…私を……外さないで……くだ…さい…」
涙を流し懇願する女は、ただうわ言のように同じ言葉を繰り返していた。
「フフッ、なるほどそう言うことか。 この程度の傷で廃棄されるとは、人間とは脆いものだな。  女、それほど戦いたいか」
「…はい……戦い…たい……私は…戦士…です……戦わせて…ください……」
「フフッ、よかろう。 お前の願い叶えてやろう」
「……あ…りが…とう……ござい……」
安堵の表情を浮かべた女の意識は途絶えた。






「ううっ…ここは……確か…私は…」
天井、床、壁、全てが電子機器の基盤のようになった部屋。 裸で金属製の台に拘束されている少女が目を覚ました。 彼女の名前は一之瀬瑠香。 3日後、2代目メタルピンクとして装甲戦隊メタルギアに配属される予定だった。
「フフッ、目覚めたか」
「! 誰ッ!! ここはどこなの!!」
寝かされている鋼鉄の台から鈍い振動が伝わり、台はゆっくりと回転しながら起き上がると、漆黒の鎧にマントを着けた人影の正面で止まった。 瑠香は一目見て、それが何者なのか理解できた。
(機械帝国…皇帝メタリアン)
「私をどうする気ですか…帰して下さい…私はただの学生です…」
「フフッ、フフッ、ただの学生とは面白い。 面白いぞ、新しいメタルピンク」
「えっ…」
(メタリアンが、私がメタルピンクだって知ってる… どうして…)
「し、知りません… 違います…」
「フフッ、呆けるな。お前が2代目メタルピンクになることは調べがついている。 そうだな、メタルレディ」
「ハッ、仰せのとおりでございます。 偉大なる皇帝メタリアン様」
カツカツと金属音を響かせ歩いてきた人影がメタリアンの足元に膝をつき答える。
「えっ、ど、どうして…あなたが…」
「ウフフッ…」
顔の左半分と体を漆黒と紫の艶のあるメタルアーマーで覆われた女が邪悪に微笑む。
瑠香は見覚えのあるその横顔に自分の目を疑った。 変わり果てた姿で機械帝国皇帝メタリアンの前に跪いている女。 機械帝国メタリアンとの戦いで重傷を負い、引退を余儀無くされた初代メタルピンク、葛城茜だった。
町を守ろうと傷ついた体で出撃した葛城茜は、メタリアン怪人の前で意識を失い、その後、機械帝国の要塞に運び込まれ、皇帝メタリアンに改造手術を施されて機械帝国の女戦士として身も心も改造されていた。
メタルレディとなった茜はメタリアンを見上げると小さく頷き、磔にされている瑠香に歩み寄るとアーマーで覆われた冷たい指で瑠香の体に触れる。
「キャッ…  ど、どうして…どうしてですか…」
「ウフフッ…」
「メタリアンを憎み、メタルピンクとして戦ってきた茜さんがメタリアンになるなんて…」
「フフッ、葛城茜は戦士として戦い続けることを望んだ」
「なによ…それ…」
「メタリアン様は素晴らしい体と永遠の命を与えて下さった。機械帝国メタリアンの戦士として、私を迎えて下さった。  でもお前たち人間は、使い物にならないと判断すると私をゴミクズのように……捨てた!」
茜は怒りと憎しみのこもった目で瑠香を睨む。
「捨てただなんて…そんなことありません! メタリアンは茜さんを利用しようとしているだけです」
「フフッ、葛城茜には体と一緒にメタリアンの女戦士としての記憶を与えてある」
「ウフフッ…私はメタリアン様に永遠の忠誠を誓う女戦士メタルレディ」
「ひどい…茜さんの記憶を作り変えたなんて……  目を醒まして下さい!! 茜さんはメタルギアの隊員です!! メタルピンクだったじゃないですか!!」
「だった…ね… フフッ…ウフフフッ……」
「あっ、違います… 茜さんは今でもアウッ…」
瑠香の頬を撫でるように茜の平手がビシッと音をたてる。
「私から全てを奪った小娘が、ふざけたこと言ってるんじゃないよ!!」
「そんな…私は…」
「私は執念深いからね。ちゃんとお礼はさせてもらうよ。 ウフフッ」
「フフッ、おしゃべりはそれくらいでいいだろう。 はじめるのだ、メタルレディ」
「ハッ! かしこまりました。メタリアン様」
「何を…私に何をするつもりですか…やめて下さい…」
「ウフフッ、怖いのかい? メタルピンクが怯えてるのかい? アハハハッ  お前を八つ裂きにして、骸をメタルギアに返してやっても構わないんだけどね…。 ウフフフッ…」
「狂ってる……ホントにメタリアンになってる…」
「ウフフッ いまからお前もメタリアン様の為に働けるように改造してあげるわ」
「えっ……いや…やめて……やめるから…メタルピンクになったりしないから…」
「ウフフフッ…」
金属製の台が元の位置に戻され、瑠香は仰向けに寝かされると肘から下と膝から下、そして胴体に金属製のカバーが被された。
「お…おねがいします……やめて下さい……助けて下さい…」
「ウフフッ…お前はこれから戦闘員、メタルジャーに生まれ変わるのよ。 と言っても、完全なメタルジャーに改造してしまったら、メタルギアに送り帰せないからねぇ…  フフッ…ウフフフッ…今から装着する特殊なメタルスーツで、お前はメタリアンの命令どおりに働く、メタルジャーモドキになるのよ」
「そんな……いや…いやいや……イヤァァァ!!」
首を左右に振り泣き叫ぶ瑠香の口元に、メタルレディが金属製のカバーが被せる。
「ウフフッ…そんなに怖がらなくても大丈夫よ。 次に目を醒ましたときには、メタルジャーモドキに生まれ変わっているから」
「いや……たすけて…たすけて…くだ…さ………」
口元に被されたカバーから噴出された麻酔ガスで瑠香は深い眠りに堕ち、それを確認したメタルレディは瑠香の体に取り付けたカバーに銀色の液体が流れる細いチューブを取り付けた。




数時間後
「グレート・メタリアン!」
皇帝メタリアンの前に、メタルレディと一緒に現れた瑠香が直立の姿勢から右手を斜め上に突き出す機械帝国メタリアンの敬礼の姿勢で声をあげる。 瑠香は袖なしのハイネックレオタードに肘までのグローブと膝までのブーツを着けたように、艶のある銀色の特殊な金属膜で覆われており、口元と目元には同じ色をしたルージュとシャドーがひかれ、銀色のコンタクトレンズ型のカメラを入れられた眼が銀色に輝いていた。
「メタリアン様、メタルピンクへのモドキパーツ装着が完了致しました。 いまやメタルピンクはメタリアンの命令に絶対服従のメタルジャーモドキに生まれ変わっております」
メタルレディが横目で合図すると瑠香は一歩前に踏み出して。
「私はメタルジャーモドキ01。 偉大なる機械帝国メタリアンの特殊工作員です」
「フフッ、新しいメタルピンクを改造し、メタリアンの刺客としてメタルギアに送り込む。 面白い作戦だな、メタルレディ」
「ハッ! ありがとうございます。  早速この者をメタルギアに…  メタルジャーモドキ01!」
「グレート・メタリアン!」
声をあげた瑠香が下腹部に描かれていた機械帝国メタリアンの紋様に触れると、眼のコンタクトがクリアになり、体を覆っている銀色の金属膜が体の表面を移動して瑠香のヘソにピアスとなって収まった。
「私の任務。 それはメタルピンク、一之瀬瑠香としてメタルギアに潜入し、偉大なる機械帝国メタリアンの敵、メタルギアを抹殺することです」
瑠香は無表情で刷り込まれた命令を復唱した。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

またまた楽しい作品を拝見できてうれしいです。
ピンクが二人とも敵の手に落ちてしまったという連鎖落ちがいいですね。
瑠香の暗躍も見たいところです。

瑠香の過程も良かったですが、茜のうわ言とメタリアンの会話がものすごくキマシタ。
本編よりもそんなところにはまってしまった自分が悲しい・・・。

また素敵な作品をありがとうございます。

舞方雅人さん、metchyさん
コメントありがとうございます。
このSSは某掲示板で拝見したシチュエーションを参考にして妄想してみました。
そちらは2代目だけが悪堕ちするシチュだったような気がしますが、私は初代から2代目へと
悪堕ちリレーでお届けさせて頂きました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ありがとうございます

ご質問にあった一之瀬瑠香嬢ですが、彼女は短編モノ専属のヒロインさんですwww
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。