FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身も心も捧げる者 -7-



「アハァ…イ…イぃですぅ……ギールさまァ…」
ベッドで横になっているギールの上で腰を上下に動かしている裕未。
「素晴らしい……実験体とは大違いですね…ウッ…出しますよ……ンフゥンンン!!」
「クアァァァァァ……イクゥ…………ハァハァァ…キモチィィ……ギールさまのアツイ精がわたしの中に…………ンフ…ンフ…」
裕未はギールの口に吸い付き舌と唾液を絡ませる。
「クックッ…どうですかドラゴンレッド、邪竜とまぐわう悦びは」
ギールが裕未をベッドに下ろすと裕未の秘唇からギールの緑色をした精液と裕未の薄紫色をした秘液が滴り落ちる。
「エッ! ギール様…いまわたしのことをドラゴンレッドとお呼びに…」
「クックックッ…そうです。お前は我らと戦っていたドラゴンレッドなのですよ」
「そ、そんなこと…あっ…あぐぅっ…あぁ……あ、頭が…」
裕未とまぐわい体の改造が完了したことを確認したギールが最後の仕上げに入った。
「クックッ… これから邪竜として働いてもらう為には、お前のドラゴンレッドとしての記憶が必要なのです」
「わたしがドラゴンレッド……ぐわぁぁぁ」
「お前が眠っているあいだに特殊な薬を打っておきました。ドラゴンレッド紫苑裕未だったときの記憶を呼び戻す薬です」
「わたしが…ドラゴン…レッド……そう…邪竜帝国と…戦う…ドラゴン…レッうぐはぁぁぁぁ…」
「クックッ… 思い出しなさいドラゴンレッドとして戦っていた自分を、紫苑裕未としての記憶を」
「わたしは…ドラゴンナイツ…人々を護る為に…邪竜帝国と戦う…ドラゴンレッド……うっ…うぅぅぐわぁぁぁぁ」
「ですが記憶が戻っても、お前が邪竜帝国に楯突く戦士に戻ることはありません」
頭を押さえて苦しむ裕未に強力な催眠誘導効果のある薬を注射するギール。
「クックックッ…お前はドラゴンナイツを見限り、邪竜王様に全てを捧げる邪竜のメスに生まれ変わった邪剣士ユミーザです」
「うぅ…あぁぁ……いまの…わたしは…邪剣士…ユミーザ……邪竜王様に…忠誠を……ち…ちがう…そんなこと…あるわけ…くぅはっ!…あぁぁ………ぃぃ…」
ギールはドラゴンナイツとしての記憶を取り戻してゆく裕未から邪剣士ユミーザとしての記憶が失われないよう、裕未を四つん這いにして作り変えられた紫色の秘唇に自身の生殖器を挿入し誘導する。
快楽の味を覚え込まされた裕未の体は、挿入されたギールの生殖器を締めつけ、腰が快楽を求め動き出す。
「お前は邪竜王様に永遠の忠誠を誓い、邪竜帝国の邪剣士ユミーザになった。邪竜とまぐわいよがっていることがその証。そうですね」
首を左右に振り苦悶に歪めている顔が紅く染まり、口元から涎が滴り落ちる。
「…んはあぁ……はい…ギールさまの…おっしゃるとおりです…」
「お前は邪竜帝国の邪剣士。邪竜王様に忠実なメス。そうですね」
「ん…んうぅん………は…はい…邪竜こそが…全てです……邪竜こそがわたしのあるべき姿…邪竜として存在することが…わたしの悦びです…」
裕未は虚ろな眼で全身を震わせながら腰の動きを早める。
「クックックッ…そうです。邪竜帝国に忠節を尽くしていれば、邪竜王様が悦びを与えて下さる」
ギールも腰を動かして裕未を激しく突き上げた。
「くあぁぁぁぁ……あぁぁ…あぁぁ…あは…あはぁ……お…おねがい…します…もっと突いて…もっと激しく突いて…下さい…ギールさま…」
「クックックッ…その前に、ドラゴンレッド紫苑裕未として、邪竜帝国に忠誠を誓いなさい」
「はひぃ……わ…わたしは…ドラゴンレッド…紫苑裕未は……邪剣士ユミーザに生まれ変わります……邪竜帝国に…永遠の忠誠を誓います…」
「ククッ…クゥックックッ……いいでしょう。たっぷりと邪竜の快楽を与えて上げましょう」
「ありがとう…ございまはあぁっくっ……」
ギールは裕未が望むまま何時間も、長い舌と生殖器で裕未を犯し続けた。



「くふぅん……素晴らしい躯を与えて下さったギール様に感謝致します」
濡れた瞳でギールの口に吸いつき、舌先をギールの体に這わせながら、そそり立っているギースの性器を口で銜える裕未。
「うぅ……オスを悦ばせる素質があるようですね……ユミーザ!」
裕未を強引に四つん這いにすると、トロトロと蜜を滴らせている秘唇に自身の生殖器を突き入れる。
「あはあぁぁぁぁ……あつい…ギールさまのモノが…わたしの中に……だ…だめ…イクゥ…イキますゥ」
ビクビクとお尻を震わせる裕未をギールは満足げに見下ろす。
(これがあのドラゴンレッド…予想以上の仕上がり具合です。これならば邪竜王様にもご満足頂けることでしょう)
ドラゴンレッドとしての記憶を完全に取戻した裕未の瞳に強い意志の輝きが戻っていた。
だが、それは邪竜帝国と戦っていた時とは異なる冷たく残忍な輝き。
「ユミーザ、竜珠をどこに隠したのですか」
「ん…くふぅん……はい…車に乗り込むときに…発信機をつけて…近くの植え込みに…んん…」
「やはりそうでしたか」
「ご命令頂ければ、今すぐにでも全ての竜珠を奪って参りまはぁっ……キモチいぃ…」
小さく身震いして裕未は絶頂を迎える。
「それは邪竜王様がお決めになられることです。その前に貴女には邪竜王様のメスとしての勤めがあります」
ギールは生殖器を引き抜くと立ち上がり鎧を纏った。
「あ…あぁ……はい…」
絶頂の余韻に浸りながら、裕未も脱ぎ捨てたスーツを纏おうとすると。
「ユミーザ、今日からはこのスーツと鎧を着けなさい」
「はい、ギール様」
首から下を完全に覆い尽くす黒いボディスーツを受け取った裕未は馴れた手付きでそれを纏う。
小さな鱗が綺麗に重なり合ったスーツに足を入れ、腕と上半身もスーツの中におさめて前身頃を重ね合わせた。
「あのスーツよりも躯に馴染む感じが…まるでわたしの肌になったみたい…」
肌が透けて見える薄い黒の半透明のスーツで覆われた躯を目を細めて見つめる裕未。
黒いスーツがはりついた胸の先が徐々に尖り、裕未が感じていることが一目でわかった。
「クックッ…気に入ったようですね。ユミーザ」
「はい…たくましいオスのいい香り…とてもいい気持ちになります…」
「ククッ…それは邪竜王様の脱け殻であつらえた特別製です」
「こ、これが邪竜王様の……わたしは邪竜王様に包まれている…」
裕未は頬に手を当て、邪竜王の皮の感触を確かめたり、口と鼻を押さえて匂いを嗅いだりして、うっとりとしていた。
「それを纏っていれば、自分が邪竜王様のモノであることを忘れることはないでしょう」
「は…はい……いえ…例え、このスーツを着けていなくても…わたしは邪竜王様を…邪竜帝国を裏切るようなことは決して致しません…」
皮の匂いを嗅いでいる裕未の躯はプルプルと震え、目が虚ろに濁る。
「クククク…邪竜王様の匂いだけでこれですか。もはや完全に邪竜のメスですね。 さぁ次はこれを」
裕未はギールから渡された深紅のビキニアーマーを淫猥に微笑みながら身に着けた。
フロントのプレートに黒い竜の紋様が刻まれたTバック。
ブラジャータイプのアーマーは着けると紅竜の鋭い爪が生えた手が乳房を鷲掴みしているように見える。
「これはルリーザが着けていた鎧と色が違う…」
「ん? 気に入りませんか」
「いえ、そのようなことは決して…むしろ邪剣士に生まれ変われたことに悦びを感じています」
話をしながら膝上まであるブーツを履き、両手に肩口まである深紅のグローブを装着すると、まだ手に馴染んでいないグローブを馴染ませるように、手を握ったり開いたりしていた。
「あとはこの兜を被るだけです」
ギールが二本の角が生えた紅竜の兜を取り上げると、裕未はギールの前に跪き小さく頭を垂れた。
「この兜を被された人間は心を奪われ、邪竜帝国に服従します。貴女が倒したルリーザのように…」
「はい。わたしは邪竜帝国に忠誠を誓いました。人間としての心など必要ありません」
「クックックッ…心を無くしてしまったら、紫苑裕未としての記憶を取戻させた意味がありません。
 この兜は邪竜に従う心を持つ者が装着すれば、闘争本能が昂められ、眠っている力を呼び覚まします」
ギールは目の前で跪いている裕未の頭に紅い兜を、紅い竜が大きく口を開いたデザインの兜を被せた。
「うっ…うぅ…」
開いた紅竜の口の中に裕未の顔が見える頭全部を覆う兜の竜の目が黄金に輝く。
「クックックッ…邪竜帝国の新しい邪剣士、ユミーザの誕生です」
「ウフッ…ウフフフ……素晴らしい…力が…力が溢れてくる……これが邪竜の力…」
顔を上げて瞼を開いた裕未の瞳が縦長の金色の瞳に変わり、目元と口元に表れた紅いシャドウとルージュが裕未の目尻と口角をつり上げた。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人間のときの記憶を持っていながら、邪竜族の戦士になる。
これなら他のメンバーの弱点なんかを突いて次々と捕らえていけそうですね。
これはますます面白い展開になってきましたね。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
徹底的に邪竜に染め上げるなんて、素晴らしいです!!
とても続きが楽しみですww

あけましておめでとうございます。
ついにここまで来ちゃいましたねぇ。
この先も楽しみです。
果たして連鎖堕ちはあるのでしょうか?

<metchyさん>
やっぱり正義に返すときには怪しまれないように
元の状態に戻さないといけませんよね(笑
それに
正義の心が戻されても敵だった者たちに従うくらいになっていれば
再び悪に立ち向かう戦士には戻らないかなと(笑

<xsylphyxさん>
心だけじゃなくて、体も少し改造してみました。
この後
爬虫類のような冷たい瞳で裕香を見やり舌舐めずりをする裕未
的な展開になると喜んでもらえるのかな?

<舞方雅人さん>
連鎖堕ち魅力的な言葉ですね(笑
もちろんっと言いたいところですが果たしてどうなのでしょう
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。