FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rouge et noir - Final -



「榊山さんが行方不明になって三日、神社の境内でも彼女の物と思われる血痕が見つかっています。
 私どもの女性隊員二人も一緒に行方が分からなくなっていますから、ほぼ間違いなく榊山さんは『S.S.B』に誘拐されたと…」
あやめが行方不明になり、落ち込んでいる真琴をスカウト男はここぞとばかりに追い込む。
「…あやめ先輩……」
「我々と協力して、榊山さんを救出しませんか?」
「僕があやめ先輩を助ける…」
「そうです! 組織に対抗できるのは組織だけなんです。もしかして、春日さんは本気で榊山さんを助け出したいと思っていらっしゃらないとか…」
「そんなことない!! 絶対に僕があやめ先輩を救い出すよ!!」
スカウト男の眼鏡の奥の眼が輝く。
「だったら、我々に協力して頂けますよね。それしか方法はないでしょう」
「けど…あやめ先輩は、えっくすにもえすにも協力しちゃダメだって… メガネの男は一番信用しちゃいけないって…」
「な、なんですと!! 酷い…酷すぎる…私がどれだけ榊山さんのことを心配しているか… あぁ…こんなことをしてる間にも」
「エッ! 間にもなんですか…」
「榊山さんは悪事に手を染めて、引き戻せない状況に…」
「そ、それってあやめ先輩が犯罪者になるってこと!」
「ええ、そうです。犯罪者になっちゃうんですよ。それでもいいんですか」
「それは困るよ!! けど、シルヴィーさんは悪い人には見えなかった。立派な武士だったけど…  どっちかって言うとやっぱり…」
チラリとスカウト男を見やる真琴。
「ホントはおじさんがあやめ先輩をどこかに…」
「なっ!! なんてことを仰る!! 私がこんなに榊山さんのことを心配しているのに」
「真琴、その男の言うこと、信じちゃダメだよ」
「「エッ!?」」
向き合って話をしていた真琴とスカウト男が声がした道場の門扉を見やった。
「あ、あやめ先輩!!」
「榊山さん……どうして…」
「どうして? まるでわたしが帰って来ると不味いような言い方ですね」
腕にしがみついてきた真琴を引き摺るように歩いてくるあやめをスカウト男は怪訝そうな顔でみつめる。
「榊山さん、三日もどちらに?」
「あなたの質問に答える必要がありますか?」
冷たい眼でスカウト男を見やるあやめ。
「出来れば答えて頂きたい。あなたの護衛に就いていた私どもの隊員も行方不明でして、もしかしたらご一緒させて頂いていたのではと」
「答えなければ、わたしを捕まえ… フッ…どちらにしてもわたしを捕まえたいようですね」
黒スーツの男たちが特殊警棒を構え、あやめと真琴を囲む。
「何だ何だお前たち! 僕たちをどうするつもりだ!!」
甘えた顔であやめに擦り寄っていた真琴が真剣な顔であやめと背中合わせになるとファイティングポーズで構えていた。
「榊山さん、少し雰囲気が変わった気がしますが、私の気のせい…でしょうか?」
男の顔から作り笑顔が消え、ヘビのような冷たい目があやめを睨む。
「気のせいじゃないですか」
「そうでしょうか…いまの榊山さんからは危険な香りがしてきます」
「不愉快な人ね…あなたたちより、シルヴィーさ…んの方が信用できますよ」
「ほほぉ、これは心外な… やはり、あなたにはいろいろお聞きしないといけないことがあるようですね」
思わずシルヴィー様と言いかけたあやめをスカウト男は見逃さなかった。
「『X-fix』に話すことなどありません。真琴、この人たちは悪い人、わたしたちの敵よ。真琴はこれを使いなさい」
持っていた刀を真琴に渡すとあやめの顔に黒い模様が描かれた。
「あ、あやめ先輩… こ、これ、もしかして本物の刀?」
鞘から放たれた刀身の輝きに恐怖と興味を抱いた真琴の声がうわずる。
「勿論よ。偽物じゃあ、悪人を成敗できないでしょう」
話をしているあやめの黒い右手が刃に変化し、スルスル伸びると一本の薙刀へと姿を変えた。
「やはりそうでしたか。榊山さん、あなた『S.S.B』に改造されましたね」
スカウト男は眼鏡を外し、隠し持っていた鎖鎌を取り出していた。
「えっ! あやめ先輩が改造されてる?」
背中合わせで立っていた真琴が慌てて振り返りあやめの姿を見やる。
「そうよ。わたしはシルヴィー様の剣、ノワールに生まれ変わったのよ」
あやめが着ていた白の胴衣と袴がずり落ち、黒い虹色に輝く肢体が露になった。
「あ、あやめ…先輩………カッコいい……でも…恥ずかしい…」
頬を紅く染め、瞳をキラキラさせてノワールの姿をみつめる真琴。
「シルヴィー様は真琴も剣にしたいと仰られているのよ」
「えっ!? それって僕もあやめ先輩と同じ姿になるってこと…」
憧れと恥ずかしさに真琴が困惑の色を見せる。
「春日さん、騙されてはいけません! 榊山さんは洗脳されて無理やり『S.S.B』にされているのですよ!!
 榊山さんはどちらにも手を貸すなと言っていたのでしょう」
「う、うん… あやめ先輩はなにがあっても協力しちゃダメだって…」
「違うわ真琴、わたしが間違っていたのよ。『S.S.B』は素晴らしい組織だったのよ」
真琴が戸惑っている隙にスカウト男はあやめの死角から黒スーツの男たちを接近させていた。
「ねっ真琴、こいつらは人の背後から襲ってくるような虫けらなのよ!!」
振り向き様、黒い薙刀で二人の男の首を薙ぎ落としたあやめ。その顔は殺戮の愉快さを楽しみ微笑んでいる。
「えっ、えぇぇ!! あわあわ…あやめ…あやめ先輩、首、首が…あの人たちの首が!」
「大丈夫よ真琴、あれはゴキブリみたいな物だから問題ないのよ」
「そ、そ、そんなことないよ…人だよ、殺人だよ」
「『S.S.B』はそれが許される組織なの。ほら、真琴もやってみなさい、気持ちいいから…」
クルクルと頭の上で薙刀を回転させたあやめが男たちに切りかかる。
「外の部隊を呼びなさい! なんとしても取り押さえるのです!!」
瞬く間に半数以上の隊員を切り伏せられたスカウト男は門扉の近くにいた隊員に外の部隊への伝達を指示するが
その男も足元から崩れ落ち、彼が立っていた場所に見覚えのある二つの顔が並んで立っていた。
「き、キミたちは!!」
全身に返り血を浴び、血塗られたナイフを持って佇んでいるクィンスに蘇生された『X-fix』の女性隊員。
「ちゃんと全員始末した?  ついでだから、そこのゴキブリもお願いできるかしら?」
コクリと頷いた二人はあやめが向き合っていた隊員に向かって走り出すとそのまま体当たりしてナイフを突き立てた。
「彼女たちも『S.S.B』に洗脳されているようですね」
「フフ… あの二人に殺されるなんて大した事ないのね『X-fix』って。彼女たち、改造するだけ無駄って言われたのよ。
 だからわたしが処分してあげたのに、物好きな人が二人を蘇生させて結局改造したみたい。二人の体に洗脳ガスを詰め込んで『X-fix』に帰すんだって…」
「洗脳ガス…これは恐ろしい計画を聞いてしまいました。是が非でも防がないと大変なことになりますね」
鎖鎌を振り回しているスカウト男との間合いを計りながら近づくあやめ。
スカウト男は呆然と佇んだまま動かない真琴を楯にしようとゆっくりと近づく。
「卑劣なゴミ…真琴を楯にするつもりね」
「楯にするだなんて人聞きの悪い…『S.S.B』に狙われている少女を保護するのも我々の務めですから」
スカウト男は真琴の腕を掴むと鎌の刃を真琴の首に当てた。
「さぁ春日さん、私と『X-fix』に戻りましょう。我々が全力であなたを護りますから。榊山さんは大人しくして下さいよ。私は汚れることが嫌いでして…」
「真琴、これで判ったでしょう。わたしとそのゴミ、どっちを信用したらいいか。シルヴィー様はそんな卑劣なことはしない。真琴なら判るよね」
「う、うん…でも…ダメだよ…人殺しはダメだよ…あやめ先輩」
「そうです、殺人はいけません。我々『X-fix』は人を殺したりはしません。それに春日さん…」
スカウト男が真琴の耳元で囁く。
「あんな醜いバケモノにされた榊山さんを助けたくないんですか。『X-fix』なら榊山さんを元の姿に戻すことができます。
 榊山さんにこれ以上、人殺しをさせたくないでしょう。私に協力して下さい。ここで起きたことを無かったことにも出来ますよ」
「真琴、わたしが醜い怪人に見える? 刃を突きつけて話をするゴミの言葉を信じるの?」
「惑わされてはいけません。あなたも榊山さんと同じように平気で人を殺すバケモノにされていいんですか!! さぁ、剣を構えなさい」
「あやめ先輩はバケモノじゃないよ…カッコいいよ……でも人殺しはヤダ…絶対ヤダ…」
両手で柄を握り直した真琴が小さく震える切っ先をあやめに向けた。
「そっか…真琴は勝負がしたいって、わたしに勝ちたいって言ってたよね…」
自分に刃を向けた真琴を冷たく見据えるあやめ。
「真琴がその気なら……殺すよ!!」
「ど、どうして…あやめ先輩と僕がこんなことを…」
「いまさら何を言ってるの! 真琴がわたしの言葉を無視して、その男を信じたからでしょう!!」
本気で自分に討ちこんで来るあやめの攻撃を渾身の力を振り絞って抵抗する真琴。
「そ、そうだけど…」
「素直にわたしの言うことを聞けば、真琴を殺さずに済んだのに!!」
「だ、だって、あやめ先輩 人、殺しちゃったんだよ…」
(ほほぅ… 報告どおりいい太刀筋です。あれを手に入れるためなら、このくらいの被害は致し方ありませんね。
 春日真琴はいいとして、問題は榊山あやめがどこまで改造されているのか… 何にせよ、捕獲しないと話しになりません)
スカウト男は真琴と刃を交えているあやめの背中目掛け得物の鎌を投げた。
「危ない!!  グフッ…」
真琴をかばうように背中で鎌を受け止めるとその場に膝をついた。
「あやめ先輩? エッ、あやめ先輩!!」
あやめの背中に深々と刺さっている鎌が目に入った真琴の頬を涙が伝う。
「どうして…避けなかったの…どうして……僕を…」
「だって…真琴は大切な……ウグゥ…」
「あやめ先輩!!」
「大丈夫ですよ。急所は外れています。クックック…」
スカウト男はあやめの髪の毛を掴み、強引に立たせると刺さっている鎌をグリグリと捻じ込む。
「グハッ…」
「イアァァァァ… 止めて、あやめ先輩が死んじゃう!!」
「…さっさと…殺せ…」
「イヤです。尋問して『S.S.B』の情報を聞き出してから、記憶を戻す『逆洗脳』を施して差し上げます」
残忍に微笑みあやめを投げ棄てると懐の麻酔銃を取り出して、元『X-fix』女性隊員に向けて発射した。
「お前たちは体を調べてから処分しないと、洗脳ガスの話が本当なら大変なことになりますからね」
「乱暴にしないでよ! あやめ先輩、あやめ先輩!! ねぇ『逆洗脳』って何、あやめ先輩をどうするのよ!」
「心配しなくても大丈夫です。我々の医療施設で『S.S.B』に改造された記憶を元に戻す処置です。
 多少、手を加えさせて頂きますがね。それと春日さん、いろいろ知り過ぎたあなたにも簡単な記憶操作を施させて頂きますよ」
冷たい笑みを浮かべ麻酔銃を真琴に向けるスカウト男。
だが、銃口を向けられた真琴の手はスカウト男が引き金を引くより早く動いていた。
「イヤっ! もうイヤだぁぁ!!」
「イタタ…なにするんですか…春日さん……痛いですよ…」
真琴の刃はスカウト男の左胸に刺さっていたが、致命傷には達していなかった。
「エッ…あっ…ちがう…どうしよう…どうしよう…僕…僕…人刺しちゃった…」
「やれば出来るじゃない、真琴」
「あ、あやめ先輩! よかった…ケガ、大丈夫?  どうしよう、僕、人刺しちゃった」
「ダメよ、ちゃんと止めを刺さないと」
「エッ? あやめ先輩?」
あやめの黒い手が真琴の手に添えられ、一気に男の胸を貫く。
「ゲフッ……まだ動けたのですか…」
「フフフ…こんな物、痛くも痒くもないわ」
あやめが指でつまんでいる鎌は刃が砕け散り柄だけになっていた。
「し、芝居…だったと…ゴホフッ……」
スカウト男の口から溢れ出た血が真琴の顔を紅く染める。
「ヒィィィィ  イヤ…だめ…死んじゃダメだって!!」
「真琴、伝わってくるでしょう。ゴキブリの止まりそうな鼓動… とっても気持ちいいでしょう」
「ダメぇ! 死んじゃダメぇ!!」
男の体はゆっくりと仰向けに倒れピクリともしなくなった。
「死んじゃった…この人死んじゃった…僕…僕…人を殺しちゃった…人を…人を…僕が…人を…」
持っていた刀を投げ捨て両手で顔を覆う真琴は目を見開きパニックに陥っていた。
「大丈夫、大丈夫だよ真琴…」
優しく真琴を抱きしめるあやめの顔は満足感で満たされていた。




あやめが生まれ変わった人の形に窪んだ改造台の上に真琴が寝かされている。
「僕…人を…人を…」
「真琴が殺したのゴキブリだよ。だから気にしなくていいんだよ 真琴」
「…あやめ…先輩……僕が……のは…ゴキブリ…」
「そうだよ真琴、真琴は褒められることをしたんだよ。だからシルヴィー様がご褒美をくださるって」
「シルヴィー…さん……ごほうび…」
「これからもずっと一緒だよ、真琴。 何も考えなくていいから、わたしを信じて真琴は眠っていればいいから」
「あやめ…せん…ぱ…を……しん…じ…」
口元に取り付けられた酸素マスクで鎮静剤を吸引していた真琴の意識は途絶えた。
「人を刺したくらいでパニックになっちゃってみっともないヤツぅ~」
「クィンス様 まもなく肉体強化が完了します」
「は~ぃ、それじゃあシルヴィーさまぁ、こいつに『Rouge』を着せちゃいますよぉ~」
全くやる気の無い顔でクィンスがシルヴィーを見る。
「いまの状態で大丈夫なのか、クィンス」
「パニックさえなくなれば、たぶんですけどぉ、だいじょーぶですよぉ」
「クィンス!!…様、真琴にもしものことがあれば、わたしは!」
クィンスの肩を掴んだあやめの右手が鋭利な刃物に変わる。
「ノワール、止めろ。クィンスも、真面目にしろ」
「クィンス!!…様、申し訳ございませんでした! 真琴をよろしくお願いします!!」
「まかせなさぃよぉ、ぬぉわぁぁるちゃん!!」
激しく睨み合ったまま言葉をかわす二人。
(あっ…いいこと思いついちゃったぁ…)
「クィンス様 肉体強化完了致しました」
「はいは~い。『Rouge』を着せる前に、すこ~しだけ意識操作をやっちゃいますよぉ。お前とあなた、ちゃちゃっと準備してくださぁ~い」
ニヤニヤしながら専用の携帯端末を取り出したクィンスが椅子に座ったまま背中を丸くして、恐ろしい速さでデータの入力をはじめた。
(もっと早く気付くべきでしたぁ。るぅじゅちゃんを従順なペットにしておけば、いざと言うとき反抗的なぬぉわぁるを…)
「できたぁ~ それっじゃあ、るぅじゅちゃんの意識操作やっちゃいまぁすぅ」
椅子から飛び降りて改造台に駆け寄ったクィンスが真琴の頭にセットされた装置に持っていた端末を繋げキーを押す。
「クィンスちゃん特製、心のお薬ですよぉ~これで気分スッキリ頭スッキリで~すぅ」
急にテンションが高くなったクィンスをあやめは疑いの眼差しでみつめる。
「むふふふ…だぃじょぉうぶですよぉ、ぬぉわぁるちゃん。ちゃぁぁぁんと、るぅじゅちゃんに『Rouge』を着せちゃいますからぁ」
意識を失っても眉間にシワをよせていた真琴の顔に微かな微笑が浮かぶ。
「うんうんう~ん これでよぉ~し!!」
椅子に駆け戻ったクィンスが真剣な目で真琴のステータス情報を確認する。
「うん、うんうん はぁ~い、シルヴィーさまぁ、るぅじゅちゃんの準備できましたよぉ~」
ご機嫌すぎるクィンスの様子から彼女が何か企んでいることをシルヴィーは察知したが、そのことには触れずに小さく頷いた。
「はぁ~い それじゃあ『Rouge』の注入始めちゃいまぁ~す」
真琴が寝かされている窪みに紅い偏光ゲルが注ぎ込まれる。窪みがゲルで満たされ、しばらくすると人の形が形成された。
「クィンス様 『Rouge』と素体の融合、完了致しました」
「はぁ~い シルヴィーさまぁ、るぅじゅちゃん成功でぇ~す。ゲルの調整はじめますねぇ」
紅く染まった真琴の体にケーブルや装置が繋がれ、モニターに表示される数値を目で追うクィンス。
「うんうん。スペックはノワールとほとんど同じですぅ。ゲルの硬化、軟化のテストも問題なしですぅ
 制御ユニットは…正常に動作、同調完了っと。メンテナンスプログラムすたぁとぉ~」
あやめの時とは別人のようにテキパキと作業を進めるクィンス。
真琴の紅い体が所々色が抜けて半透明になってゆく。
あやめと同じように顔の一部と右腕全て、胸と局部だけに深紅が残り、それ以外は紅い半透明で肌の上で虹色に輝いている。
そして、真琴の左腕にも『S.S.B』の一員となった証のタトゥーが浮かびあがっていた。
「うぅ…うぅ~ん………ここどこ…」
「おぉ~! 目が覚めましたね、るぅじゅちゃん」
「真琴!!」
「あっ…あやめ先輩だ……ここどこですか…ボクはどうして………で、あんた誰?」
自分と目が合った真琴がボソリと呟いた言葉にクィンスの全身が凍りつく。
(あんた誰?…いまそう言いましたよね………どうしてですかぁ!!)
椅子に駆け戻ったクィンスが再び携帯端末を取り出して真琴の意識操作に使ったデータを見直しはじめた。
「生まれ変わった気分はどうだ春日真琴。いや、我が剣『ルージュ』」
「あっ…シルヴィーさん………へ?…生まれ変わった?…ルージュ?…なにそれ…」
「真琴も『S.S.B』の一員として、シルヴィー様の下で働くことになったのよ」
「へ?…だって…あやめ先輩…妙な連中とはあへ?……な…に……はひ……あひ…ほへ…」
真琴の局部から頭に向かって虹色に輝く紅い波が押し寄せ、波が頭に到達するたびに真琴の体は震え声を上げた。
「ボクは…ルージュ……『S.S.B』に従う……シルヴィーさまに従う……に従う…」
「気分はどうだ? ルージュ」
「はい… とってもいい気持ちです…シルヴィー…様」
「ルージュ、わたしが分かる?」
「もちろん……これからも一緒です…ノワール………あれ…思うように体が動かない…」
「まだ調整が終わってませんから動けませんよぉ」
ニコニコしながルージュの顔を覗き込むクィンス。
「あっ……クィンス………ちゃん……」
(冷静に考えれば、さっきはまだ意識が『S.S.B』に覚醒してなかったじゃないですかぁ)
「ルージュ、この人はシルヴィー様の副官、クィンス…様。 クィンス…様と呼ばないとダメよ」
「あぁ、るぅじゅちゃんはそう呼ばなくていいですよぉ~ だって仲良くなれる気がしますからぁ」
「ルージュ、『S.S.B』の一員として働けるか?」
「はい、勿論です。シルヴィー様、ボクはシルヴィー様の剣『ルージュ』です」
シルヴィーを見上げて嬉しそうに答える真琴。
「期待しているぞ。クィンス、ルージュの調整は任せる。 ノワール、一緒に来い」
「はい、シルヴィー様」
「はぁ~い シルヴィーさまぁ~」


数日後、或徒たちは敵となった二人と再会することになった。



戦闘員青02



リンクして頂いております「Kiss in the dark」の管理人g-than様から
本作品のイメージイラストを頂きました。g-than様、SSのイメージを膨らませる
素敵なイラストありがとうございました。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こちらでは初めての書き込みになります~
「Rouge et noir」 完結お疲れ様でした。
悪が悪であるのは当然と致しまして、正義側の闇の部分が
にじみ出るスカウト男(彼自身が歪んでるのかもしれませんが)のキャラが面白かったです。
クインスの可愛さも私の想像以上で更に愛着が湧きそうになってしまいますね。
楽しい作品をどうも有り難うございました。

「Rouge et noir」完結ですね。

今回の文面だけを読んでいると、S.S.B.が正義で、X-fixが悪という錯覚にとらわれてしまいます。それもこれも全て、スカウト男のせいなんですけど(笑)。
正義側もたまには卑劣な作戦を取ることはありますけど、彼は明らかにやりすぎです。
でも、せっかく重要な位置づけにいるのに名無しは少しかわいそうです。
g-thanさんのイラストもいい感じですし。

楽しませていただきました。

完結おめでとうございます。
楽しませていただきました。
それと、3万hitおめでとうございます。
これからもがんばってくださいねー。

<g-thanさん>
どうも色々ありがとうございました
それと勝手放題の妄想すみませんでした
正義組織にもダークな部分があってもいいのかなと思い、このような展開に
クインスさんなら総統を手玉に取るくらいしそうですよね(笑

<metchyさん>
ありがとうございます
スカウト男は私もいい感じだったと思います
出世と復讐を誓い復活してもおかしくない存在かと(笑

<舞方雅人さん>
ありがとございます
無事に完結と3万ヒットを迎えることができました
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。