FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Awakening to darkness -従者-



「クレズ様、ニムダ基地のデータ回収、完了致しました」
1人のトロイ兵がクレズの前に跪き任務遂行の報告を行っていた。
「ご苦労様」
「クレズ様、データ回収中にニムダ基地内で侵入者を2人、捕獲しましたが如何致しましょう」
「侵入者?…2人だけ?」
「はい、捕獲したのは2人だけです」
「そう。で、その2人は、男?女? 男なら直ぐに処刑なさい」
「いえ、2人とも女です」
「話は出来るの?」
「はい。今は眠らせておりますが」
「わかりました。ここへ連れて来なさい」
「かしこまりました」
トロイ兵は立ち上がり無言のまま敬礼の姿勢をとると部屋から出て行った。

手足を椅子に拘束された裸の女がクレズの前に並べられていた。
「うっ…ううん」
「目が覚めましたか?」
クレズは麻由美にウィルスを与えながら目を覚ました女に声をかけた。
「あなた達が目を覚まさないから、この娘にイイことしてあげてたのよ。『ミメイル』もういいわよ」
「あぁぁ…くぅぅぅ…」眠ったままの麻由美が絶頂を迎えた。
「!!……ま…麻由…美…」目の前にいる人物を見て、思わずその名前を口した。
「あら、麻由美さんのお知り合い? てことはあなた達もバスターズのかたね」
「………」女はクレズから目を逸らし答えようとしなかった。
「うふふ、そのようね。あなた達の名前は? なぜ、ニムダ基地に居たの?
 『ウィルス』に関する情報収集? それとも、麻由美さんの捜索かしら」
「……麻由美さんに…何をしてるの……さっき『ミメイル』って……どう言うこと」
「あなたねぇ、質問しているのは私のほうよ………まぁいいわ
 この娘は生まれ変わったのよ。私に忠誠を誓う『従者』……特別な『従者』にね」
「…嘘……麻由美さんが…そんな……」
「嘘じゃないわ。この娘はもう、あなた達の仲間だった『白石麻由美』じゃないの。私の仲間『ミメイル』よ。
 さぁ、次はあなたが質問に答えなさい。あなた達のお名前は?」
「………」
「困った人ね………本部から面白いモノが届いているの。試してみましょうか……あなた達で」
クレズは彼女に近づきながら手に持っているモノが良く見えるように持ち直した。
それは頭部全体を覆う口の部分だけが開いている黒いマスクだった。
「い…いや…何するの……止めて…」
「これはね、人間を簡単にトロイ兵する為に開発された『帽子』。ってモノらしいけど、どうなるのかしら」
そう話しながらクレズは彼女にマスクを被せていた。
「いやぁぁ、取って、何でも話します。だから…取って…取って下さい…」
被せたマスクの顔全面に『ウィルス』の紋様が微かに浮かびあがった。
「うふふふ。もう、遅いわよ」
黒いマスクは生き物のように彼女の身体を覆いはじめ、顔の紋様が白く染まってゆく。
頭を左右に振ってもがいていた彼女の動きが次第に鈍くなっていた。
「希さん? 希さんでしょ。どうしたんですか」
希とクレズの声で、もう1人の女が目を覚ましていた。
「やっと、目が覚めたのね。丁度いいわ、あなたのお友達がトロイ兵に生まれ変わる瞬間を一緒に御覧なさい」
「あなた…誰……希さんが…トロイ兵って…」
クレズの冷やかな微笑みにそれ以上言葉がでなかった。
マスクを着けられた希の身体は半分以上が黒く染まり呼吸も荒くなっていた。
「あぁぁ…いぃ……感じる……イィの……」
「さぁ、答えなさい。あなたの名前は?」
「…希……谷山…希…うぅ…です」
「お友達の名前は?」
「…いぃぃ……ゆ…結城…春香…です」
「あなた達はニムダ基地で何をしていたの?」
「麻由美…さんの…そう…さく……です………きもち…いぃ…もっと…」
「希…さん……しっかりして…希さん」
クレズは希の全身がマスクで覆い尽くされた事を確認すると手足の拘束を解いた。
「わたしの…身体…黒くて…きれい……それに…とってもきもち…イィ」
希は黒く染まった手で自身の身体を弄り陶酔に浸っていた。
「あぁぁ…胸も…気持ちイィ…… あぁぁ…ここも…イイ…すごく感じるの…」
「希、『ウィルス』に忠誠を誓いなさい。そうすれば、もっと気持ち良くなれるわよ」
「ホ…ホント…です…か………クレズ…さま」
「試して御覧なさい」
「ダ…ダメ……希さん…しっかりして下さい……『ウィルス』なんかに負けないで…」
「無駄よ。今の希は快楽を求めることしか頭にないわ。その為ならどんなことでもするでしょうね」
「わたしは…『ウィルス』に…クレズ様に…永遠の忠誠を誓います」
忠誠を誓い終わると顔にあった白い紋様が赤く染まり、トロイ兵と同じ姿に変化した。

「ヒィィィ…イクゥゥ…イっちゃぅ……イィィ……また…イっちゃぅ…とまらない…気持ちイィ…」
希は身体を弄り、何度も絶頂を迎えては全身を激しく痙攣させていた。
「そろそろ、あなたにも『ウィルス』の一員になってもらおうかしら」
クレズの言葉を聞いた春香が拘束から逃れようと手足を動かしていた。
「い…いや……お願いします……何でも言うこと聞きます…ですから…トロイ兵だけは…」
「何でも言うこと聞くのでしょ。だったら、素直にトロイ兵になりなさい。希、この『帽子』を春香に」
「はい。クレズ様」希は揺ら揺らと立ち上がると春香の傍に近づく。
「いやぁ…来ないで…わたしは…いや…トロイ兵なんていや…止めて……」
別のモノへと変わり果てた姿で近づいて来る同僚に恐怖し声が震えていた。
「何をそんなに怯えてるの、春香。私、希よ。このマスクとっても気持ちイイのよ。
 春香も着けてみなさいよ。そして、『ウィルス』に…クレズ様に忠誠を誓うの」
涙を流し頭を左右に振る春香の頭に黒い『帽子』を被せていた。


クレズの目の前で2つの人型がお互いの身体を弄り合い官能の声を上げている。
「この『帽子』もう少し改良を加えないとダメね。これじゃ、再設定しないと使い物にならないわ。
 でもこの2人、バスターズの関係者だけあって、それなりに優秀なのよね。
 徒のトロイ兵にしておくには勿体無い気もするけど…」
クレズが2人のことを思案していると彼女の従者が部屋に入ってきた。
「クレズ様、失礼致します」
「フォートナイト、どうしたの」
「ニムダ基地から回収したデータの分析が完了致しました。これがニムダ様が実行された作戦にございます」
フォートナイトと呼ばれるトロイ兵がクレズに小型端末を手渡した。
「ご苦労様、あなたは最高の従者ね」(従者……)
「恐れ多いお言葉です」
クレズが受け取った小型端末の内容を確認する。
「役に立たないデータばかりね。まぁ、戦闘力だけが取り得のニムダらしいといえば……
 この作戦……ニムダにしては面白いこと考えたじゃない。バスターズに邪魔されて失敗に終わってるけど
 これ良いわね………フォートナイト、この作戦のこと詳しく調べて頂戴。それと
 その2人を従者にして頂戴。私のではなく『ミメイル』の従者にね。細かい設定はあとで伝えるわ」
「かしこまりました。早速、基本設定に入ります」
「ええ、お願いね」


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ウィルス」が広がり始めましたね。
このままどんどん“感染”して行くのかな?

をを、萌えますねぇ

特別なスタイルでの洗脳(改造)もいいですが、ふつうの戦闘員にされちゃうのもステキです。
希嬢と春香嬢がこの後どういう扱いを受けるのか、なかなか楽しみです~。

<舞方雅人さん>
毎度ありがとうございます(笑
はい、拡がりはじめたようです。
どこまで拡がるかは私にも分かりません。
言える事は女性の感染率を100%にしたいと言う事です。


<林田相丘さん>
いらっしゃいませ 林田さん、お久しぶりにございます
ありがとうございます。
2人を洗脳するのに使用した『帽子』ある方からアイデアを頂いたのですが
私も気に入っています。やられキャラで終わるはずの2人だったのですが
重要な役?を頂けそうです。
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。