FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女 2nd - 1 -



「や、やめて… たすけて…」
「ウフフッ…ダメだよ。 ボクはおなかペコペコなんだから… ちゅぅ」
「イヤっ… ムグッ! ンン!!… ンンッ!…  ンン…   ン…」
ミイラのように干乾びる男たち、街中で絡み合う女たち…。
街は異様な空気に包まれはじめていた。
「ンフッ…ごちそうさまでした。 ウフフッ…お礼に、おねいさんにもこれをあげるね」
秘裂に挿入されていた尻尾が抜かれ、代わりに毒々しい紫のナマコのような生物が落とされた。
「ウフフッ…おねいさんも、みんなと一緒に楽しむといいよ」
黒い尻尾は邪悪に微笑む魔法少女のコスチュームに、路上に倒れてピクリともしない女を見下ろす眼が、人外から人の物へと戻ってゆく。
「サファイア、何をしていた」
ビルの非常階段に立ち、仲間とその足元に横たわる女を見やった白と碧の魔法少女が、掌に魔力を集め、碧の刃を作り出す。
「エ、エメラルド! もしかして、全部…」
「やっぱりキミは、妖魔にされていたのか」
「見てたのか…」
「妖魔に操られたキミと対戦したとき、キミの中にイヤな力を感じた。 妖魔と同じ、黒く邪悪な力を」
「だからなんだ。 だからエメラルドは、スキを見せなかったのか」
「私だけじゃない。 みんなキミの変化に気づいている。 だからこうして、誰かがキミを見張るようにした」
「チェッ! スキをみて、みんなを仲間にしようと思ってたのに…  残念」
余裕とも思える笑みを浮かべるサファイアの姿が、サキュバット・サファイアへと変わった。
「それがキミの本当の姿か」
目の前で仲間が妖魔に変身する姿を見ても、エメラルドに動揺の色はない。
それどころか、ティアラの碧のジュエルに魔力を集中し、一撃必殺の技を繰り出す準備を整えていた。
「エメラルド、今度も本気なんだ。 ウフフッ…」
「魔法聖女が仰っていた。 妖魔に堕ちた者を、救うことはできないと」
「妖魔になると、好きなことができて、とってもキモチいぃよ」
邪悪に顔を歪めたサファイアは、捕食した女を尻尾で絡めとり盾にする。
「ムダだ、サファイア。 キミが寄生させた蟲で、その人が妖魔になるのは時間の問題。 だから、キミと一緒に討つ」
エメラルドの切っ先が、サファイアに向けられた。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。