FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女 - Final -



肉壁の上で眠る少女の匂いを嗅いだ妖魔が愉悦する。
「フフフ…ワタシと同じ匂い…」
「う…うぅぅん……」
「フフフ…目を覚ましたのね。 ワタシの可愛いシモベ、サファイア」
妖魔の顔をしばらく見つめて、淫靡な笑みをこぼした少女は、肉壁から降り立つと恭しく跪く。
「ウフフッ…ハイ、ご主人様。 ボクはご主人様の忠実なシモベです」
妖魔の淫液で少女の人格は妖魔に変えられ、主従関係が躾けられていた。
「なんだか生まれ変わったような気分です。 ウフフッ…」
見た目は何も変わっていないが、妖魔と同じ匂いがする身体に満足の笑みを浮かべる。
「フフフ…そのとおりよ、サファイア。 あなたは生まれ変わったの」
「エッ? でも…」
妖魔の匂いはするが、どこも変わっていない身体を見やり、少女は怪訝な顔をしていた。
「フフ…人の精を糧とするワタシの眷属、妖魔サキュバットに生まれ変わっているわ」
そう言い終えた妖魔が、握り締めていた掌を少女の前で開く。
「これは、マジック…ジュエル…」
その蒼い石に以前の美しい輝きはなく、禍々しいオーラを放つ闇蒼のジュエルの中に、蝙蝠の羽を持つ蛇の影が浮かんでいた。
「フフフ…そう、マジックジュエル。 これまでと同じように、あなたの身を守ってくれるわ」
少女の胸に薄く残っている魔方陣に、闇蒼のジュエルが近づけられると、魔方陣とジュエルが蒼い輝きを取り戻し、ジュエルは魔方陣の中に吸い込まれてゆく。
ジュエルが少女の中に消えると、魔方陣は鮮やかな蒼から闇蒼、そして黒へと染まり、その形がジュエルの中の影と同じ、蝙蝠の羽を持つ蛇に変わり、すぐに元の魔方陣に戻った。
「ボクのジュエルサークルが…」
「フフフ…目覚めなさい。 我がシモベ、妖魔サキュバット・サファイア」
「サキュバット…サファイア… はうッ!」
胸を突き出すように弾んだ少女の身体に光のリボンが巻きつき、魔法少女のコスチュームが形成される。
蒼いリボンで留められた白いロンググローブ、白いニーハイソックスと足首までの蒼いショートブーツ、胸元を大きな蒼いリボンで飾られた白のロングレオタードドレス、そして蒼いマジックジュエルがはめ込まれたティアラを身に着ける、どこから見てもマジックサファイアにしか見えないその姿に、少女は戸惑いながらも、条件反射でいつものポーズをキメる。
「魔法少女…マジックサファイア…ここに……光!?  ハァァァァん…」
喜悦の声を上げ、両手で股間を押さえながら身体をクネらせるサファイアに変化が起きる。
「フフフ…これからが本当の変身よ…」
「ひゃうぅぅン… ふぁぁぁぁぁ…」
薄い水色のメイクが毒々しい紫に、白いコスチュームがヌメヌメした艶黒に染まり、サファイアの身体と同化し、その姿を変えてゆく。
艶黒のロンググローブを嵌めたような指先には紫の鋭い爪が映え、ソックスとブーツが一つになり、太ももの中ほどまでが艶黒になった脚の、つま先と踵が棘のように尖る。
レオタードドレスもドレスの裾がなくなり、大きく切り込まれたハイレグレオタード様になると、肩甲骨のあたりから蝙蝠の翼が、額のティアラも肌と同化し、禍々しい黒くねじれた2本の角へと変わっていた。
「…はぁぁん……キモチィィ…」
快感に身悶えるサファイアの変化は続く。
肌が青白く変色し、声を漏らす口元には黒い牙と先が二つに割れた細い紫の舌が、見開かれる白目が黒く、黒目が紅く染まる。
「くひィィ……イクッ…イクぅッ…イッちゃうッ!!」
翼を広げ、大きく背中を仰け反らせて絶頂を迎えるサファイアの躰が少女から大人に成長し、お尻に先端にくびれのある尻尾と、全身の黒艶に蛇肌の鱗模様が現れて、サファイアの変化は治まった。
「ンフぅぅん……んフぅぅ…フぅ……ウフッ…ウフフッ……妖魔サキュバット・サファイア…ここに堕淫…」
妖艶な声で名乗るサファイアは、淫猥と邪悪の笑みを浮かべながら、成長した胸を弄り、尻尾の先端に紫の舌を這わせた。
「フフフ…どう、それが本当のあなた。 妖魔サキュバット・サファイアの姿よ」
「これがホントのボ… ウフッ…ワタシ… ステキ…ここも…ここも…すべてキモチィィ…  ヒャイんッ…」
全身を弄り、唾液で濡らした尻尾の先を秘裂に挿入し、妖魔になったことを実感したサファイアは、侵される悦びと侵す悦びを同時に味わい悶絶した。
「フフフ…サキュバット・サファイア、ワタシの為に働くことを誓いなさい」
「ハヒッ…ハヒッ…ヒッ……ヒッ……はぁい…」
人のときとは比べ物にならない悦びを楽しむサファイアが、惚けて虚ろになった眼を妖魔に向ける。
「ウフフッ…ワタシ、サキュバット・サファイアは、メデューサキュバット様の従順なシモベとして、永遠の忠誠を誓います」
言葉を終えると、サファイアの頬に蝙蝠の羽を持つ蛇の闇蒼の模様が刻まれた。
「あふぁぁぁ…キモチィィ…」
「フフフ…これであなたは完全に、ワタシのモノとなったのよ」
サファイアは服従する悦びに淫蕩な笑み浮かべる。
「ハイ、ワタシはご主人様のモノです。 なんなりとお申し付け下さいませ…」
「フフフ…これからあなたにして欲しいことを伝えるわ。 妖魔の悦びを楽しみながら…ね…」
妖魔の唇がサファイアの唇に重なり、淫毒が流し込まれた。
「ンチュ……ウフッ…ご主人様の淫毒…甘くて…酸っぱくて…美味しいですぅ… ンはぁぁッ…あっ…あぁぁ……ンヒッ…」
妖魔はサファイアの尻尾を舐め、赤紫の実を露出させると自分の秘裂に挿入し、自分の実をサファイアの秘裂に挿入した。
「ハッ、ハヒッ、ハヒィィィィィィィィィ…」
「フフフ…これが妖魔の…  フフフ…まだ少し早かったみたいね… フフッ…フフフ…」
ただ挿入し、挿入されただけで、サファイアは絶頂を迎え、意識を失っていた。





数日後。

深夜の地下鉄構内。
「う…うぅぅん… ボク…どうして…なにが…」
「大丈夫ですか、サファイア」
サファイアは白と紅のコスチュームに身を包む、魔法聖女マジックルビーの腕の中で意識を取り戻した。
「サファイアはこれを憑けられて、妖魔に操られていた」
魔法少女マジックエメラルドが、碧の刃で串刺しにした蛸のような妖魔を見せる。
「妖魔に…操られて… そうだ! ボクはそれを頭に憑けられて!! ゆ、許さなッ!? 痛ッ…」
「すまない。 操られていたサファイア… 想像以上に手強かったので、こちらも本気で…」
白と碧のコスチュームに身を包むエメラルドが、傷ついた腕を押さえながら話をする。
「ゴ、ゴメンなさい… ボク、みんなに迷惑を…」
「ホントに… ひとりで行動しないで下さいって、あれほどお願いしていたのに…」
「お疲れ~ 雑魚はぜ~んぶ片付けてきたぞ。 雑魚ッ、はな!」
「残念ながら、メデューサキュバットには逃げられてしまったですぅ。 あっ、サファイアちゃん、大丈夫ぅ」
白と黄色のコスチュームの魔法少女マジックトパーズと、全身白のコスチュームの魔法少女マジックダイヤが合流して来た。
「みんな…ごめんなさい。 ボク、みんなに迷惑かけちゃって…」
「ホンット、凶暴化したサファイアを抑えるのに苦労したよ」
「苦労したのは、エメラルドちゃんとルビーさんであって、トパーズちゃんは…」
「っるっさい!! ダイヤだって、仲間と戦えなぁ~いってたろッ!」
安堵の表情で口々に話をしている仲間を見上げるサファイアも笑みを浮かべる。
だがその笑みに含まれる邪悪な意志に気づく者は誰もいなかった。
(ウフフッ…マジックジュエルがボクの妖気を抑えて、誰もボクが妖魔だって気づいてない…  バカなやつら…)
彼女と一緒に邪悪に染められたマジックジュエルが、妖魔となったサファイアの匂いや妖気を抑え、妖魔と戦い続ける魔法世界からの使者、魔法聖女の目も欺いた。
(ボクは芝居だったのに… エメラルド、本気だったよね。 すっごく痛かたよ…  ちゃんとお礼はするからね… ウフフッ…)
四人を見渡したサファイアの目は、碧の魔法少女で止まっていた。


スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。