FC2ブログ
携帯アクセス解析
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身も心も捧げる者 -5-



全てが碧に輝く部屋。
寝台の上に寝かされていた裕未が体を起こした。
「ここは…わたしは…一体…」
壁や天井を見渡してから裕未は自身の体に目をやり、じっと手のひらを見つめた。
「…わたし……」
どうして自分がここにいるのか、何をしていたのかを思い出そうとしていた。
しかし、もう少しで何かを思い出せそうになると頭の中が白い霞で覆われ、幾つかの言葉が浮かんでくるだけだった。
「…邪竜帝国……邪剣士……ユミーザ……身も心も捧げる……」
裕未は頭の中に浮かんだ言葉を呪文のように唱えた。
「ユミーザ……それがわたしの名前 邪竜帝国……それがわたしの…… 違う…なにか違う気が…」
モヤモヤする頭を押さえながら立ち上がり部屋の中をいろいろ調べはじめた裕未は部屋の隅にあった扉を開いた。
「シャワールーム……みたいね」
トカゲかヘビか判らない頭が下向きに口を開き、その少し下にはトカゲの手のようなレバーがある。
「シャワーを浴びてスッキリすれば、このモヤモヤがなくなるかも…」
裕未はスーツの前身頃の重なりに指を掛けると胸元を大きく開いた。
そして、腰の位置までスーツをずらしたところで動きが止まる。
「くふぅぅ… 奥まで入ってるぅ………はぅ…いぃ…」
ゆっくりと快感を味わいながらスーツをずらし、中の異物を取り出す裕未。
「…あふぁぁ…ひっぱられてぇ……きもちいい……いっちゃう…」
いまの裕未は薬の効果で快楽だけを求め、なぜそんなものが挿入されているのか疑問すら抱かない。
小さく身震いしながら、半分くらい抜いたところで一気にスーツを足首まで下ろした。
「はぁっ……いいぃぃ……」
しばらく寝台の端につかまり、お尻を突き出した格好で迎えた絶頂の余韻に浸っていた裕未は
ポタポタと秘蜜を垂らしながらシャワールームに向かった。
「ふぅ……なんだろう…スーツを脱いだら少し頭が… そう言えば、なんであんな物を挿れて……それよりここはどこよ…どうしてわたしは…」
ようやく疑問を抱き始めた裕未はトカゲの手のレバーを下げてシャワーを浴びはじめる。
「うっ臭い!! なにこれ…この水」
邪竜兵と同じ生臭い匂いがする黒い水を頭からかぶった裕未は、慌ててレバーを元に戻そうとしたがその手は止まった。
「…臭い…消す…」
ボソッと呟いた裕未は何もなかったかのように、上を向いて顔から黒い水を浴び恍惚の笑みを浮かべた。
「いい香り……この不愉快な人の臭い…洗い流さないと…」
ギールは裕未を半覚醒状態にして、いくつかの暗示を刷り込んでいた。
黒い水の『匂い』も暗示を発動させるキーとして設定されており、裕未は刷り込まれた暗示に従い、人の臭いを消し去ろうと黒い水で入念に体の隅々までを洗い流した。



「臭いは消えましたか? ユミーザ」
裕未がシャワーから出てくると、ソファーでくつろいでいるギールが腐らせて赤黒くなった人の血を啜っていた。
「ギール!」
「ユミーザ、私のことはギール様と呼ぶように教えたはずですよ」
「なぜわたしが敬称をつけて、あなたを呼ばなきゃいけないのよ!」
反抗的な眼でギールを睨むが、ここに連れて来られたときほどの敵意はなかった。
(実験体のように簡単にはいかないようですが、効果は十分のようですね)
ギールは快楽と薬による催眠暗示の効果を確認すると。
「とにかくスーツを着けなさい。話はそれからです」
「わたしに命令しないで!!」
寝台の脇に脱ぎ捨てたスーツを取ると黒い雫で濡れたままの体を爪先からスーツの中に入れ、スーツのクロッチでそそり立っている
邪竜兵の生殖器を指で広げた秘裂に深々と挿入し、腕、上半身もスーツの中に入れてしっかり体にフィットさせると身頃を重ね合わせた。
「うぅぅん……気持ちィィ……」
スーツを着けてギールの前に戻ってきた裕未の瞳からは反抗的な輝きは消え、薬と挿入した生殖器で昂められた快感に頬を紅く染めていた。
「ユミーザ、あなたは何者ですか」
「はい、わたしは邪剣士ユミーザ。邪竜帝国に身も心も捧げる邪剣士ユミーザです」
「私が誰だかわかりますか」
「はい、ギール様です」
「ドラゴンナイト、ドラゴンレッドを知っていますか」
「ドラゴン…レッド… わ、わかりません…申し訳ございません ギール様」
スーツを着けた裕未はギールの言葉に従順に従った。
「ならば教えてあげましょう。ドラゴンナイトはあなたが倒すべき敵」
「はい、ドラゴンナイトはわたしの敵、倒すべき敵です」
ギールは裕未に言い聞かせるようにして新しい記憶を植え付けて行く。



「今日はこれでいいでしょう。ユミーザ、いい物を見せてあげましょう」
ギールは自分の隣に裕未を座らせると人々が邪竜兵に襲われ逃げ惑う光景を壁に映し出した。
「これは…」
「泣き叫ぶ人間の姿を見ながら啜る血は最高です」
「はい、とても素敵な光景です」
壁に映し出される光景をうっとりとした顔で見つめる裕未は体を弄りはじめていた。
ギールは空いているグラスに快楽を昂める薬と自分が啜っている人の血を注ぎ、半開きになっている裕未の口に流し込んだ。
「これが腐らせた人の血です。この味も覚えなさい」
「んぐ…んぐ…んぐ…………美味しい……とても美味しいです…」
口の端にこぼれた血を舌で舐め取りながら虚ろな瞳をギールにむける。
「はぁぁぁ…人間どもの泣き叫ぶ声……ゾクゾクする…頭が…体が痺れます…」
裕未の意識と記憶はギールの思うように作り変えられていった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
プロフィール

孫作 ( magosaku )

Author:孫作 ( magosaku )


現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。